英国ビザ申請センターとは?〜行き方と手続きについて解説〜

婚約者ビザ

婚約者ビザのための書類を英国ビザ移民局のウェブサイト(https://www.gov.uk/browse/visas-immigration)から提出したら、今度は「英国ビザ申請センター」という場所へ行って公式に手続きをする必要がある。

ということで今回は英国ビザ申請センターへの行き方と、現地でどのような手続きをするのかということについて少し解説していきたいと思う。

「英国ビザ申請センター」とは?

英国ビザ申請センターとは、英国ビザ移民局が業務提携を結んでいる「VFS Global」が運営している民間機関のことで、日本では「東京」と「大阪」の2か所にオフィスを構えている。

https://visa.vfsglobal.com/jpn/ja/gbr/about-vfs

ビザ申請センターへ行かなければいけない理由

英国ビザ申請センターに赴かなければいけない理由は、大きく分けて2つある。

  1. パスポートの提出
  2. バイオメトリクス(生体認証)の登録

パスポートについては、最終的に審査に通ったら黄色いシール型の入国査証(=ビザ)をパスポートの中に貼ってもらえるため。

バイオメトリクスについては、シンプルにセキュリティーのため。

ビザ申請センターへの行き方

というわけで訪問理由を把握できたところで、ここからは実際にビザ申請センター(東京オフィス)への行き方を写真付きで解説していこう!

やってきたのは、JR新橋駅

SL広場のある「烏森からすもり」を目指そう。

外に出て左へ進むと、サラリーマンの聖地というだけあって、高架下に多くの居酒屋や中華料理屋が立ち並んでいるのが見える。

途中で「餃子の王将」を通り過ぎ、さらに進むと「第一京浜」という大通りに出る。

今度はそこを右に曲がって大通り沿いに進んでいく。

進んでいくうちに、通りの反対側に「日比谷神社」の鳥居が見えてくるはず。

ちゃんと鳥居が確認できればOK!

引き続き、真っ直ぐ進んでいこう。

「セブンイレブン」のある横断歩道を渡ってさらに進み……、

菊凰」という中華料理屋の赤い看板のある新橋五丁目の交差点に辿り着くことができれば、目的地はもうすぐそこ!

今度は、横断歩道を渡って大通りの反対側へ。「大東京信用組合」という銀行の白いビルが目印になるはず。

横断歩道を渡り切ると、ようやく目的地のビルがすぐ目の前に見えてくる。

edificio TOKO」と書かれた茶色のビルが、英国ビザ申請センターの入居するビルだ!

4階のフロアが「英国ビザ申請センター」のオフィスとなっている。

同じフロアに「ニュージーランド・ビザ申請センター」も入居しているようで、どうやらニュージーランドのビザ申請者もこの場所に来るみたい?🧐

JR新橋駅から、時間にして約15分。

Google Map を使えば、新橋に初めて訪れるという方でも簡単にアクセスできるはずだ 👍

英国ビザ申請センター(VFS Global Tokyo)

〒105-0021
東京都港区東新橋2-3-14 エディフィチオトーコー4F

月曜日 – 金曜日 09:00 – 13:00、土日、祝日休み

手続きの様子

パスポートの提出

予約の15分前から入室できる。

時刻になったら扉のチャイムを鳴らし、名前と訪問理由を伝えて警備員の方に中に入れてもらおう。〝ビザ申請センター〟と聞くと殺伐とした印象を受けるが、実際は普通のオフィスビルの一室といった感じで堅苦しさはあまり感じられず。

入室後は、セキュリティーチェック。スマホ以外の電子機器、パソコン等は入り口で預けなければいけない。

セキュリティーチェック後は、今度はビザセンターのスタッフの方とオンラインで提出した申請書類に間違いがないか再度確認するように求められる。というのも、これ以降は追加で書類を提出することができなくなるためだ。

書類チェックに同意すると、番号札を渡されて待合室へ向かう。

番号が呼ばれたらカウンターで「名前」と「生年月日」を述べ、ここでいよいよパスポートを手渡すことになる。スタッフの方が専用の機械でパスポートがスキャンし終えると、返却用のゆうパック代2,070円(コロナによりビザセンターでの受け取り不可)を支払い、ゆうパックに住所を記入。

これで、パスポートの提出作業は終了となる。

カウンターでは「優先サービス」を利用するかどうか再度尋ねられる。オンライン提出時は申し込まなかったものの、やっぱり早めにビザが必要になった方などは、このタイミングで予約することも可能 👍

バイオメトリクスの登録

続いては、バイオメトリクスの登録作業へ移る。

事務手続き後、今度は別室で「バイオメトリクス」と呼ばれるセキュリティーのための生体認証登録を行なわなければいけない。

と言っても複雑なことは無く、やることはたった2つだけ!

  1. 指紋採取
  2. 写真撮影

これはもう説明する必要もないだろう。

バイオメトリクスの登録が済むと、ようやく長かった〝ビザ申請〟のプロセスにピリオドを打つことができる。

後は、無事にビザが発行されるのを祈るのみ……!!🙏

知っておきたいこと

入室前の待機場所について

英国ビザ申請センターの入居する4Fにはトイレと給湯室を除いて何もなく、早く到着してもやることがない。椅子なども用意されていないので立って待つことになる。

ビルの近くにイートイン・スペースのあるファミマがあったり、CMやロケによく使われる「イタリア街」というヨーロッパの街並みを模した場所があり、自分はビザ申請の前にベンチに座りながらちょっと外国気分を味わってみたりもした(笑)

イタリア街 · 〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目9−5
★★★★☆ · 観光名所

提出書類の最終チェックに関して

婚約者ビザを申請する場合はオンライン申請後に提出書類一覧(PDF)がメールに添付されてくるが、事前に不備がないか自分でしっかりチェックしておくといい。仮に英国ビザ申請センターで不備が見つかり、再訪しなければいけないとなると面倒臭いし、遠方から来られる方にとっては無駄な出費となってしまう可能性もある。

当日は提出書類一覧のPDFのコピーを持参し、受付でサラッと確認してミスがないことをチェックするとスムーズだと思う。

*****************************************

ブログに載せきれなかった画像や動画は Instagram にアップしているので、興味のある方はぜひ!

いいね、フォローもお気軽に ☺️

コメント