イギリスのネット銀行「Monzo」で口座を開設! Revolut との違いも解説!紹介コードも!

暮らし

配偶者ビザ(BPRカード)も無事に手に入り、ようやく就労許可も下りたので、とりあえずまずは銀行口座を作ることに。イギリスにおけるメガバンクの1つでたまたま近所に支店があった Barclays(バークレイズ)銀行に行ってみたものの、どうにも色々な書類が必要ですぐには開設できず……

というわけで、気を取り直してネット銀行で口座を開設することに!🏦

  • Monzo(モンゾ)
  • Revolut(レボリュート)
  • first direct(ファースト・ダイレクト)
  • Starling Bank(スターリング・バンク)

リサーチしてみるとこれらのネット銀行がイギリスでは有名らしく、その中から今回は利用者の多そうな「Monzo」で口座を開設することにした。

「Monzo」とは?

Monzo は2015年に英国で誕生したチャレンジャーバンク(銀行免許を保有するベンチャーのことを指す)で、イギリス政府が今年発表した市場分析では、既存の銀行のシェアがチャレンジャーバンクに奪われており、金融業のビジネスモデル自体が大きな変化を遂げていると公式に発表したほど。

特に、デジタル世代の若者から多くの支持を得ていると言われている。

「Monzo」で口座を開設するメリットとは?

今回、Monzo で銀行口座を開設するにあたって魅力的だった点は主に2つ。

  • メガバンクと比較して、口座開設が圧倒的に簡単!
  • 口座開設のために実店舗に訪れる必要がなく、全ての作業がオンラインで完結する!

自分も最初はメガバンクで口座開設を考えていたが、身分証以外に 自分名義の水道の請求書 が必要と言われ、引っ越してきたばかりですぐに用意できなかったので泣く泣く諦めざるを得なかった……

一方、Monzo を始めとしたネット銀行では住所確認の必要がなく、イギリスで暮らしている16歳以上の者であれば誰でも銀行口座を作ることができる。自分のような海外からの移住者だけでなく、留学生やワーホリの方であってもOK!👌

「Monzo」の口座を開設しよう!

というわけで、実際に Monzo で口座開設の手続きをしてみた!

  1. App Store からアプリをダウンロード
  2. 住所、氏名、Email、電話番号など必要事項を記入
  3. 収入の有無を記入(無くても通ったので大丈夫なはず)
  4. Monzo の口座の使用目的を選択(日用使い、貯金等)
  5. スマホで身分証(パスポートやBPRカード)の写真撮影
  6. 音声動画の撮影(テンプレが出るのでそれに従って1文喋るだけ)

作業はたったこれだけ。

空いた時間でサクッと申し込みすることができるため、実店舗のある銀行での口座開設のように〝予約を取って、書類を揃えて、実際に出向いて、でも書類が足りないと言われ……〟といった煩わしいプロセスは一切必要なし!神。

申請後、審査が通れば大体1週間程度で登録した住所にカードが郵送されるぞ!

「Revolut」との比較

イギリスのネット銀行を話す際によく比較されるのが、ライバルである「Revolut」の存在。

こちらも英国発のチャレンジャーバンクで利用者数も多く、実際にショッピングに行くと Revolut のカードを使っている人も結構見かける。

自分も「Monzo」と「Revolut」のどちらで口座を開こうか迷っていたのだが、最終的に Monzo に決めた理由が2つあった。

  1. Revolut がイギリス国内における 預金保険制度の対象外 であること
  2. Revolut はカードの申請に 郵送費 がかかること

というわけで、その2点についての説明を加える。

預金保険制度とは?

イギリスには Financial Services Compensation Scheme(FSCS)と呼ばれる「預金保険制度」がある。預金保険制度とは、万一、金融機関が倒産した際に FSCS が一定額補償してくれるという制度のこと。

補償額は1人当たり、1金融機関につき上限 £85,000までで、ジョイント・アカウント(共有口座)に関しては上限 £170,000までとなっている。

Banks & building societies
If you have an account with a bank or building society that becomes insolvent, you could claim up to 85k. Click here to ...

預金保険制度の対象か否かはウェブサイトから確認できる

FSCS のウェブサイトでは、自分が利用している金融機関がこの預金保険制度の対象かどうか手軽にチェックできるようになっている。

ウェブサイトの[Check your money’s safe]という所から[Bank & Savings Protection Checker]に行くと、銀行名と預金高を入力する欄がある。

とりあえず預金高を£300に設定してそれぞれの銀行を確認してみたところ、Monzo ではMoney protected for youという表示が出たが、Revolut ではその表示は出なかった。

つまり、Revolut はまだ預金保険制度の対象外ということになる。

ただ Revolut も有名企業なので、今すぐ倒産のリスクを考慮する必要があるかと言われればそうではないと思うが、とりあえず両社を比較検討する上でこういう情報もあると知っておくと役立つだろう。

カードの郵送費

  • Monzo  - 無料
  • Revolut - 一般カードは £4.99

「カードの郵送費に5ポンドも払いたくない!」というドケチな輩(自分含む)は、黙って Monzo を契約しとけ。

でも Revolut のカード、メタリックで見た目がオシャレなんだよね……(笑)

まとめ + 紹介コード

というわけで、今回はイギリスのネット銀行 Monzo について書いてみた!

慣れれば日常使いしやすそうに感じたので、これからどんどん使ってその魅力を引き出していきたいと思う。

また Revolut とも比較してみたが、決して自分が Revolut を否定するわけではなく、単純に好みで Monzo を選んだだけなのでその点はご理解頂きたい。実際、Revolut の利用者は世界中に沢山いるわけで、今後はきっと Monzo と競い合いながらチャレンジャーバンクとして成長していくのだろうと思う。

最後に紹介リンクを貼っておくので、ワーホリや留学でイギリスの口座が必要な方は是非試してみてほしい!

🎉 You’re invited to join Monzo, and get £5!

*当リンクから個人情報が自分のところに来ることは一切ありません。

こちらのリンクから登録後、最初にカードを利用した際に「£5」の紹介料が貰える仕組みとなっている。

自分も紹介してもらって口座を開設した後、このように紹介料を受け取ることができた!

ちなみに〝アクティベートから30日以内〟に使用しなければいけないという期限付き条件となっていので、そこだけ忘れずに注意してほしい👍

コメント

error: Content is protected(このコンテンツは保護されています)